やっぱりトレーニングは、、、

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

さて、巷でよく見かけるトレーニング情報として、1日たった〇〇分で効果抜群みたいなニュアンスの情報を目にします。

皆さんもなんとなく見た事はあるかなと思います。

これはどの程度効果があるのか???

効果の実感、どの程度の効果までを求めるかで個人的価値観があるので、効果が無いと言うことはないと思います。

その効果に満足出来るかどうかもまた個人的価値観。

本人が納得出来るならそれで良いと思います。

しかし、本人が納得しているレベルと、身体の反応に差がある事もあります。

本人は良しとしていても、やはりいまいち体調を崩しやすい、怪我や慢性痛などが起きやすい、体型が戻りやすい。などなど。

だけどとりあえずま〜元気だから良いかなと。

それでもそれで良いと納得出来るならば、それはもう何も言えません。

トレーニングには3つの原理、5つの原則があります。

過負荷の原理

特異性の原理

可逆性の原理

全面性の原則

漸進性の原則

個別性の原則

反復性の原則

です。

これはトレーニングの効果を得るために絶対に必要な条件であり、長い歴史と研究で確立された、科学的生理学的根拠のある原理原則です。

つまりこの原理原則に沿わないとトレーニング効果は絶対に得れないという事です。

1日たった〇〇分トレーニングがどれだけこの原理原則に沿う事が出来るか。どうなのか。

当スタジオでもトレーニングの効果を早くしっかりと出ている方は、その努力が生半可な物ではありません。楽な事は何もない。

これは無理矢理でもなんでもなく、トレーニングの原理原則に沿わせると自然とそうなります。

トレーニングを指導しているこちらの立場からしても、あ〜やっぱりやらなきゃダメだなと、毎回毎回実感させてもらいます。

最初の方で書きましたが、効果という物は個人的価値観がありますか、誰もが同じ様な努力をするべきとは全く思いません。

しかし、トレーニングをして効果が欲しいのであれば、トレーニングの原則原理に沿わなければいけないという事実は変えれません。

トレーニングをしている皆さん。どうしていきましょうか?



特集記事
最新記事