やっぱり大事な筋肉

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 筋肉はとても大事。無いよりはあった方がではなく、絶対的にあった方が良い。 筋肉の種類である骨格筋。これは唯一自分の意志で動かして鍛える事が出来る、健康に生命を維持する装置です。 骨格筋は身体を動かし姿勢を保持します。 まず身体は骨格筋が無いと健康的に動かす事が出来ません。あらゆる日常的な行動や運動を司ります。 骨格筋の量がある事で、加齢に伴う骨折や関節炎、慢性的な障害の予防に繋がります。 骨格筋は血液循環ポンプの役割があります。 骨格筋が収縮する事により血管が収縮して、血液を心臓へと戻します。骨格筋はメインポンプである心臓に対して、補助ポンプとなります。それにより骨格筋がしっかりしていると、心臓の負担は軽くなります。血流が良くなる事で、不純物は排泄されやすくなり、必要な栄養素は吸収されやすくなります。 骨格筋は熱を作り代謝をあげます。 体温を一定に保ち生命維持をするための基礎代謝は、主に骨格筋が担っています。人体の熱産生の約7割は骨格筋で行われます。骨格筋の量が多ければエネルギー源である糖質や脂質の代謝が増え、様々な生活習慣病の予防に繋がります。 骨格筋は外部からの衝撃から身体を守る鎧です。 骨格筋がしっかりしている事で、血管、神経、内臓、骨、身体そのものに与えられる衝撃などを軽減し、致命的なダメージを防いでくれます。 まだまだ続いて長くなるので、また次回に続きたいと思います。。。



特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic