トレーニング計画

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 前回、トレーニングには3つの原理と5つの原則があり、この原理原則に沿わないとトレーニングの効果は決して得れないという事を書きました。 今回はその補足。 トレーニングで大事なのは事は原理原則に加えて、計画性というものが大事となります。 どの時期どのタイミングで、原理原則に沿ったトレーニング負荷、量、頻度、内容などを変えていく計画が、よりトレーニングの効果を高める事に繋がります。 競技者はもちろん、競技をしていない一般の方にとっても大事な事。 トレーニングはやったらやった分だけ効果が出るなら計画性はさほど重要ではありませんが、トレーニングのやり過ぎはオーバーワークで怪我に繋がりますし、追い込んでばかりでいれば身体は疲弊するだけで、競技そのものや、体調や免疫力に支障が出ます。 短期的、中期的、長期的に自分の中でのゴールを設定し、トレーニングを進めていく事が重要です。 いつの大会に合わせたい。いつの試合に合わせたい。いつまでに痩せたい。いつまでに大きくなりたい。いつまでに不調を改善したい。などなど。 色々なところから得れるトレーニングの情報。 TV、雑誌、書籍、YouTube、SNS 原理原則と計画性が根幹にあるという事を認識のうえ、情報収集と実践をしてもらえたらと思います。



特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic