休養の種類②

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 休養の種類続きです。 前回は積極的休養について書きました。今回はもう一つの休養、消極的休養です。 消極的休養とは、家でのんびり過ごして昼寝をしたり、入浴や読書、好きな音楽を聴いてリラックスして過ごすなど、身体を動かさずゆっくり休むことを言います。 個人差はありますが、明らかな強い疲労感を感じる時は、身体をしっかり休めて回復させなけれいけません。 強い疲労感の状態で積極的休養ですと、疲労は逆に蓄積してしまう事があるので、身体を動かす労働運動が続いてる方は、消極的休養をオススメします。 しかし、気をつけたいポイントもあります。 消極的休養を長く続けていると、疲労感が蓄積されて、だるさや頭痛などが生じる事もあります。 これは副交感神経優位の時間が長くなり、心拍血圧が低下して、疲労物質が体内に残りやすくなる事が原因です。 よく物事は極端な事が良くないと書きますが、休養も同じ。 積極的休養、消極的休養どちらかだけではダメ。どちらが良い悪いというわけでは無い。 2種類の休養方法があるという事を理解し、生活パターンや体調に合わせて使い分けて行く事が大事。 ぜひ、自分に合った休養をしていきましょう。



タグ:

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic