健康と炎症②

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 前回の続き、炎症についてです。 炎症は健康と老化に大きな関わりを持っていますが、まず炎症とはどういったものなのか? 例えば転んで擦り傷ができると、怪我をした部位に体液が染み出して、痛みとともに皮膚が赤く腫れあがってきます。これが炎症です。 炎症反応は身体が何かしらのダメージを受けた時におきます。ダメージを取り除こうと免疫システムが起動して、怪我を修復させる為に働き出します。 炎症は人体に備わった防御システムで、生きていく為には欠かせないシステムです。 健康と老化に関わる重要なポイントとして、炎症は身体の表面だけに起きる現象ではありません。 関節炎などは肩、肘、膝などの体内で炎症の痛みが起きた状態ですし、アレルギーなどは外から入ってきた異物に免疫システムが過剰に反応して、目の充血や鼻水などの炎症反応が起きます。 炎症による身体機能低下の代表的な例としては風邪があります。 免疫システムがウイルスと戦い続け、その結果として炎症反応の発熱や鼻水や関節炎などが起き、脳や身体機能が低下します。 ほとんどの方が経験済みだと思います。 風邪などのように炎症反応が出ても、高熱で短期間で済めば防御システムが正確に起動したという事で済むのですが、そうでないパターンだと非常に厄介な問題となります。 厄介なパターンとは、風邪で高熱のようにわかりやすい反応ではなく、トロ火でじわじわと炎症反応が全身に進行していきます。 そうすると身体はどうなっていくのか? また次回に続きたいと思います。



タグ:

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic