固執しない

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 前回はトレーニングの計画性について、前々回はトレーニングの効果を出す為に必要な絶対条件、原理原則について。 今回はそれらを進めていく上でのポイントです。 そのポイントは、固執しないです。 原理原則に沿って、計画性をもってトレーニングを継続していくと、ある程度決まった形でトレーニングを進めて行く事になります。 種目、種類、負荷、曜日、時間、食事。などなど。 しかし、それが毎回同じ感じで続けられるとは限らない。 人間何があるかわかりません。精神的、気分的な事で身体の状態はとても大きく左右されます。気候、気温、天気にだって左右されます。 原理原則と計画性はもちろん大事ではあるのですが、 そこに固執し過ぎるのもマイナスかなと。 もちろん相反する事や、トレーニングそのものを辞めてしまうというのはNGですが、道を少しそれるぐらいは問題ないかなと。 怪我なく目的にさえ向かっていけるのであれば、極端な話その手段は何でもありだと考えます。 実際に何かしら極端で突拍子もないような事をしなくても、それくらいの心の余裕を持ってトレーニングを進めて行く事が重要だと思います。 上半身や下半身を鍛えるのも、痩せるのも増量するのも、1つの種目や方法に固執する必要は全くありません。 その方が飽きが来ないでしょうし、子供いったら色々な運動をさせる事で将来の可能性や選択肢が増えてくるはずです。 もちろん1つの事に絞っていく時期も大事ですが、必ずメリハリを持つ事がトレーニングの効果を出しながら続けていくポイントとなります。 固執し過ぎない。心と頭と身体のバランスに注視しながらトレーニングを進めていきましょう。

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic