真ん中の思考

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。 先日、お客様からあるネット記事にについてご質問を受けました。 詳しい記事のないようは割愛しますが、簡単に言うと人工的なプロテインパウダーやプロテインバーは良くない。何故か? という感じの内容です。 お客様に教えてもらい私も記事を読みましたが、決して嘘や間違ったことは書いていません。 ただ表現の仕方が極端かなと。 その事について、0か100か。善か悪か。完全に二極化した表現になっています。 世に溢れている物で完璧なものはありませんし、良いも悪い物含めて色々な側面を持っています。 ま〜仕事が絡むと極端の方がインパクトはあるでしょうから、世の中極端な表現が多いのは仕方ない事なのかもしれませんが。 だがしかし、物事に色々な側面がある以上、情報の発信の仕方、考え方、捉え方は中庸である事が大事だと思います。 もしくは中庸と極端をきちんと使い分ける。情報を発信する方も捉える方も。 医科学的、人体に影響を及ぼす全ての事象を検証する方法で、メタアナリシスという検証方法があります。 複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析する検証方法で、最も質の高い根拠とされています。 ここまでの方法で実証されている事は断言していいかなと思います。 しかし相手が勘違いするような極端な表現にならないように気をつけます。 情報に溢れた世の中、何を信じる信じないというのは個人の自由ではありますが、あまり極端な事に捉われず、一歩引いて見て感じてみる余裕を持って頂ければと思います。


タグ:

特集記事
最新記事