胃の病証 『胃熱』とは?

 

こんにちは、トレーナーの伊藤道生です。

今日は寒いですね。

私事ですが、先日僕の妹が第二子となる男の子を出産しました。

僕の妹なので、旧姓:伊藤、現在は:近藤、出産日は3月10日の:佐藤さんの日です。

先日実家に行くと、母が妹の1歳半になる第一子を預かって世話をしていました。

お昼時だったので一緒に食事をしたのですが、甥っ子の食欲が凄まじく、たこ焼き(タコは除いて)を1人で10個食べて、僕たちが食べていたお蕎麦も食べたいと泣きじゃくり、後はサラダに入っていたキュウリとまめをどれくらい食べたか定かではありませんが、それでどうやら満足したみたいです…。

これから二人の男の子を育てる妹。陰ながら応援したいと思います。

 

さて今日は、胃の代表的な病証『胃熱』についてご紹介したいと思います。

 

胃熱

胃熱には、実熱と虚熱があります。

胃の実熱病証は、胃熱または胃火により起こります。

胃熱の生成は、邪熱によるもの、精神抑鬱によるもの、脂っこい物や甘い物や辛い物の偏食によるものなどがあります。

主症は、上腹部の灼熱痛、腹部拒按です。また、食欲の亢進や食後すぐに空腹感を感じるようになり、これは消穀善飢(しょうこくぜんき)といわれています。口臭、強い口渇、便秘などを伴いやすいです。

胃の虚熱病証は、腎陰虚によるものであり、主症は上腹部の嘈雑(そうざつ)です。

嘈雑とは、空腹なようで空腹ではなく、痛むようで痛まず、苦悩して安らかでない状態のことをいいますが、現代では胸やけと言い換える事もできるかと思います。

しだいに上腹部が痛むようになりますが、胃に食物が入るとおさまります。空腹感がありますが、あまり食べられないのがこの病証の特徴で、口や咽頭の軽度の乾きを伴います。

 

次回は、胃の病証『食滞』についてご紹介したいと思います。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.