身体を疲弊させるトレーニング

 

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

 

いよいよ夏の甲子園が開幕し、熱戦が繰り広げられています。高校野球生活の集大成、悔いの無いように戦ってほしいと思います!

さて、そんな高校野球を見ていると、最近の球児は身体が大きいな〜と思います。

打てば軽くスタンドイン、投げれば140キロや150キロをだす投手も当たり前。

そんな球児達は下半身がガッチリしていて、しっかり作られた身体だな〜と思いつつ、ウエイトトレーニングと食事が徹底されているのだなと感心します。

 

現在は昔と違い、ウエイトトレーニングを練習の中にしっかり組み込む学校が増えてきました。

怪我の防止や野球のパフォーマンスをあげるには絶対に必要な事なので、とても良い傾向だと思います。

 

ただし、ただウエイトトレーニングを行なえば良いというわけではないので、気をつけなければいけません。

 

まず忘れてはいけないのが、ウエイトトレーニングを含め、トレーニングと呼ばれる全てのものは、身体を疲弊させます。

特に競技スポーツにおいては激しく追い込む傾向が強いので、とても身体を酷使します。

ですので、身体のケアと食事も徹底させるべきです。徹底しなければいけません。

 

トレーニング中に身体が変わるのではなく、トレーニングを行い、その後ケアをして栄養を摂り、休養してる間に身体は変化します。

 

甲子園に出てるような、ガッチリとした身体つきの球児みたいになろうとウエイトトレーニングだけ行っても、決してガッチリとした身体にはなりません。

追い込む激しいトレーニングは必要だとは思います。

しかし、トレーニングは身体を疲弊させ、トレーニングだけでは身体は変わらない。

これを決して忘れないでほしいと思います。

 

まだまだ伸び盛りの高校生、指導者次第で大きく変わってしまいます。良い導きをしてもらえたらと思います。

SMLXL

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.