ビタミンとミネラル3

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

 

前回からの続き、ミネラルについてです。

まず始めに、人間の身体のあらゆるものを作る基本単位を元素といいます。

 

『炭水化物』『脂肪』 『タンパク質』 『ビタミン』は、『酸素』 『炭素』 『水素』 『窒素』という4つの元素から出来ています。

 

ミネラルは、それ自体で単独の元素です。

人間の身体の96%は最初の4つの元素から出来ていて、残りの4%がミネラルです。

 

ごく僅かな量ですが、このミネラルの働きはとても沢山あり、食物の消化吸収、老廃物の排出、エネルギー生産、体内の体液量や酸、アルカリ度の調整、筋肉や神経機能の調節、様々な物質の合成など、様々な代謝に大きく関わっています。

 

たった4%のミネラルですが、少しでも不足すると上記の様な機能に弊害がおきます。

 

例えば、マグネシウムというミネラルがあります。

これは、筋肉を弛緩させたり、体温や血圧を調整する大切なミネラルです。このマグネシウムが不足すると、震えや虚脱感、痙攣など、様々なトラブルが起こります。

 

不足した状態が続けば、慢性疲労、高血圧や動脈硬化のリスクが高まります。

 

このように、ミネラルというのはとても大きく身体に影響します。

たった4%ですが、残りの96%が正常に機能する為には、絶対的に不可欠な栄養素です。

 

上記で書いたように、マグネシウムなどミネラルにも種類があります。

今回はミネラルについての入口という事で、次回はもう少し種類について掘り下げてみようと思います。

 

小さくても、少なくても、地味でも、地道なことでも、必ず大きな意味を持っています。

SMXL

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事

11/29/2019

Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.