トレーニングと怪我

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

私は普段スポーツ観戦などはしませんが、スポーツやアスリート関係の記事などは情報収集として読んだりします。そこで必ず目にするのが怪我についてです。

競技中に起こる怪我はある意味しょうがないと思う部分はあります。練習中の怪我も、ま〜しょうがないかな〜、、、と思う部分はありますが、いわゆる身体作りの為に行っているトレーニングの最中に怪我をしてしまうといのは、最も禁忌な事です。

身体を今よりも良くする為にトレーニングを行っているわけですから、怪我をするというのはまさに真逆の効果です。

パフォーマンスの低下も悪い結果ですが、怪我はそれ以上に悪い結果です。程度によってはパフォーマンス低下どころではありません。

トレーニング中に怪我をしてしまったのなら、トレーニング内容、生活習慣、指導方法を見直す必要があります。

これはアスリートに限らず、一般のスポーツクラブやトレーニング施設でトレーニングしている方も同じです。

トレーニングを行う上で、最も基本的な事は怪我をしない、させないです。

これが何よりも1番大事なルールだと考えています。

怪我には避けれない怪我もあると思いますが、避けれたはずの怪我というのは沢山あります。

これについて、次回から書いていきたいと思います。

本日は、序章という事で。。。

​​SMXL

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.