身体の耐久度2

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

 

さて、前回の続きです。

 

最初に弁解しておきますが、今回の内容は特定の運動やスポーツを否定するわけではなく、そこにある事実をただ説明するというだけですので、ご理解願います。

 

前回書いたように、激しい運動やスポーツは確実に身体に負担がかかります。

 

具体的に言うと、激しくぶつかり合うコンタクトスポーツや、過度な体重や体型の調整が必要なスポーツなどは、負担がとても大きいです。

 

アメフト、ラグビー、相撲、ボクシングや格闘技系などは最たるものです。

 

これらスポーツの年間の試合数を考えると、スポーツの激しさ、負担の大きさが理解できます。

 

例えば、アメリカで最も人気のあるNFL(アメフト)はレギュラーシーズンが16試合。日本のXリーグが10試合となっています。

 

運営上の理由というのもあるとは思いますが、身体の負担を考えると、これぐらいが限界だと思います。

毎試合交通事故レベルの衝撃を受け、1年で選手生命を終わらせるわけにはいきませんからね。

 

仮に運営上の理由が全てクリアになったとしても、試合数が劇的に増える事はまずあり得ないと思います。

 

ボクシングや格闘技系の激しさは容易に想像がつくと思います。

過度な減量や増量を繰り返し、殴り蹴り、投げたりするわけですからね。

 

先程例にあげた中で、相撲はちょっと特殊だと思います。

何が特殊かというと、取り組みの回数。所謂試合数が多いということです。

 

大相撲の本場所は年6回。取り組みの回数は幕下以下か十両以上によって異なりますが、幕下以下が42番、十両以上が90番となります。

 

その他本場所に加え、間に行われる地方巡業が年4回。日数にすると最近では70日間を超えます。

 

大相撲も交通事故レベルの衝撃を繰り返しますし、過度な体重コントロールも必要となりますから、その負担に加えてこの試合数とは、力士達の負担は想像を絶します。

 

趣味で行なっているスポーツや運動などでも、激しく高度な運動強度だったり、急激な体重コントロールを繰り返していれば、身体への負担は競技スポーツに近いぐらい大きいものになります。

 

競技でも趣味でも、使っている身体そのものは同じで、負担がかかる事を回避するのは不可能なわけですから、身体のケアやメンテナンスがとても重要です。

 

運動やスポーツそのものは身体に負担をかける行動で、身体には耐久度がある。だから身体のケアとメンテナンスは必須である。栄養と運動と休養をセットで考えなければいけない。

 

この事実を忘れてはいけない。

 

さて、ちょっと長くなり、まとまりが無くなってしまいました。。。

ですので、また次回に続くです。。。

SML

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.