熱中症 もっとも多い熱疲労

こんにちはチーフトレーナーの大橋です。

引き続き熱中症についてです。

今回は熱疲労についてです。熱疲労は熱中症で最も多い症状で、運動中にもっとも起きやすい熱中症と言われています。

では、熱疲労とはどんなものか。

まず熱疲労になると運動を続ける事は難しくなります。言うなれば危険になります。

 

心血管系、循環器系の機能がうまく働かなくてなり、低血圧やエネルギーの枯渇、中枢神経の機能もうまく働かなくなってきます。

 

これらの原因は何かというと、深部体温の上昇が原因です。

 

通常体内に熱がたまり体温が上昇すると、汗をかくことによって体内の熱を体外に発散します。

 

しかし、夏の暑い環境下で運動をしていると体温調節機能がうまく機能せず、体温が上昇し続けて熱疲労となってしまいます。

 

深部体温が上がり熱疲労になる原因、また熱疲労になりやすい状況というのは、温度と湿度が両方とも高い日です。

 

汗をかくことで熱を体外に放出しますが、湿度が高いと汗がうまく蒸発しません。体温が下がるためには汗が空気中に蒸発して、その気化熱で体温が下がります。

 

ですので、湿度が高くて汗が蒸発しないと体内の水分量が減り、体温が下がらず熱疲労となります。

 

熱疲労の具体的な症状は、

・深部体温が40.5度以下。それ以上は前回書いた熱射病です。

・極度な疲労

・めまい

・頭痛

・血圧が下がる

・脈や呼吸が速くなる

・汗をたくさんかいている

・脱水

・顔が真っ青

 

更に進行すると、

・頭や首が熱い

・悪寒(寒気がする)・鳥肌が立っている

・吐き気や嘔吐や下痢

・興奮している・怒りっぽくなる・イライラしている 

・うまく動けない(筋肉をうまく動かせない) 

 

などです。

 

では、熱疲労になった場合の処置はどうするか。

熱射病と同じで一番は身体を冷やして体温を下げる事です。

氷や氷水で身体を冷やし、風を直接当てて汗を蒸発させます。この時出来るだけ肌をだして行うと効果的です。

 

その他、仰向けに寝て、両足を何かの上に乗せたり壁を使って心臓よりも高い位置に置きます。末端の足から心臓への血流の戻りを促進することで回復を待ちます。

そして水分補給。体内の水分量が足りなくなると血液量が減ってしまうので、体内の熱を効率よく体外に放散できなくなってしまいます。

それでも症状が回復しなかったり、悪化するようであればすぐに病院にいきましょう。もしくは救急車を呼びます。30分以上経っても回復しなければ病院か救急車です。

 

熱疲労は熱射病に次ぐ重い症状です。決して油断してはいけません。

 

私自身が感じることですが、ニュースで熱中症によって亡くなられた、病院に搬送などと毎日流れていますが、どうもまだまだ人事というか、熱中症そのものを軽んじてる方が多い気がします。

今年の酷暑は過去はどうだったかというのは意味を持たないと思います。今の現状を見つめ、知識を持ち、対処してもらえればと思います。

SMXL

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.