熱中症 油断は禁物熱失神

こんにちは。チーフトレーナーの大橋です。

引き続き、熱中症についてです。一応今回で熱中症シリーズは終わりにしたいと思います。

最後に説明する熱中症は、熱失神です。

 

熱失神は、夏の暑い環境下で起こる立ちくらみという症状です。

 

夏の暑い環境下で立ちっぱなし、運動のし始め、強度の高い運動中によく起こります。

 

さらに、あまり暑さに慣れていない人が熱失神になりやすいです。

 

普段の生活や、運動やスポーツをしている時に、熱を放散しづらいような服を着ていると熱失神のリスクは高まります。

例えば、通気性の悪い服や厚手の物、ユニホームや装備品などを着用してしていると、なかなか体温が下がりません。

それでも身体は身を守る為、必死に体温を下げようとします。

体温を下げるには発汗が有効なので、たくさん発汗する為に皮膚に近い部分に血管を広げて、血液によって体内の熱を身体の表層まで運びます。

身体の中で特に汗をかきやすいのが手や足なので、手や足の表層にある血管が広がり、血液も手足に集まってきます。

この状態の時に突然立ち上がったり、姿勢を変える事で、熱失神の症状が出てきます。

 

その症状とは、

・めまい、頭がクラクラする

・フラフラする

・肌が青白くて汗をかいている

・脈が弱いか、脈が減っている

・視野が狭くなる

・意識を失う

 

以上のような症状があります。

 

熱失神の症状が出た時の応急処置としては、まずは涼しい場所に移動して安静にしましょう。日陰やクーラーが効いている場所など、出来る限り体温ががそれ以上上がらないようにします。

それと、どの熱中症にも共通ですが、身体を冷やして水分補給です。

 

軽い症状でしたら、上記の処置で回復し、運動などを再開しても問題ありません。

しかし、分類上熱失神は熱中症の中でも軽い症状に入りますが、油断は絶対にしてはいけません。

軽い症状程、重症化する兆候を見逃しがちです。

 

前述した熱失神の症状が出て、軽めの熱失神かな〜と思っても、必ずしっかり確認してほしい事があります。

 

反応があるか。呼吸の有無。脈の有無です。

これらをバイタルサイン(生命兆候)といいます。

 

このバイタルサインに異常があれば、心臓に異常がある可能性があります。すぐに救急車を呼ぶようにして下さい。

 

少しでも症状が重ければ、状態をしっかりチェックすると思いますが、軽度な症状だと状態チェックを軽視してしまいます。

 

この異常な暑さと湿度の毎日ですから、軽い症状でも油断はしていけません。熱中症の症状チェックと、バイタルサインのチェックもするように心掛けましょう。

 

熱中症は未然に防ぎ、なったとしても重症化は防ぐ。

ぜひ皆さんにも知識を持って頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.