乗り物酔い|ツボ

こんにちは、トレーナーの伊藤道生です。

昨日・今日と暖かい日が続いて、ホッとしますね。

まだ、寒くなる日もあるかと思いますが、これから3月・4月に向けてどんどん暖かくなり、外出もしやすくなりますね!

外出といえば、これからの季節、高校生や大学生の卒業旅行など、最後の思い出作りに出かける方も多くいらっしゃるかと思います。

せっかくの楽しい時に、雰囲気を壊しかねないのが『乗り物酔い』ですよね!?

そこで今回は、乗り物酔いをしやすい方のために、効果のあるツボをご紹介してみたいと思います。

 

まず、なぜ乗り物酔いが起きてしまうのか、そのメカニズムを知っておきましょう。

乗り物酔いの原因は、大きく3つあります。

まず1つ目は、『車の揺れ』が内耳の三半規管に影響を及ぼします。加減速時に起きる前後の揺れや、車線変更時の左右の揺れが三半規管を刺激してしまうのです。

次に、『体感の差』。目に入ってくる景色は動いているし、揺れも伝わってくるのだけど、身体はシートベルトで固定されているため、この感覚のズレが脳に伝わり、気持ち悪いと感じるようになります。

3つ目は、『突発的な自律神経の失調』。不快感がストレスになり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、血圧が変動したり胃が動いたりして吐き気が起こります。

 

車酔いを防ぐ方法として、ここでは4つご紹介します。

サングラス

サングラスは、目から入ってくる情報を和らげる役割があるといわれています。そのため、車中から見える目まぐるしい景色の変化を抑え、車酔いの防止に役立ちます。
また、太陽光の強い刺激によって車酔いが誘発される場合にも、サングラスをかけることで和らげることができます。

 

唾液の出る食べ物

唾液が分泌されると三半規管の調子が整うといわれているため、唾液が出る食べ物を食べるのもオススメです。

 

炭酸水

炭酸水には、胃腸の調子や自律神経を整える働きがあるといわれています。一方、柑橘類は胃の動きを活発化させ車酔いを誘発することがあるため、柑橘系の炭酸飲料は避けた方が無難です。

 

助手席に座る

助手席に座り、前方向を見ていることでも、車の動きをある程度予測できます。そのため、目から入ってくる情報のズレを起こりにくくし、車酔いを予防できます。なお、助手席でも、サイドガラスから景色を見てしまうと、酔いを誘発するため注意が必要です。

 

最後に、ツボをご紹介します。

ツボは、車に乗る30分くらい前から刺激し続けると乗り物酔いしにくくなります。

 

内関(ないかん)
手首の中央から3cmほど離れた部分にあります。

 

手心(しゅしん)
てのひらの中央にあります。

 

神門(しんもん)
小指側の手首の横シワにある少しくぼんだ部分です。

 

合谷(ごうこく)
親指と人さし指の付け根にあります。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.