熱中症の予防と対策|ツボ

こんにちは、トレーナーの伊藤道生です。

今日も暑いですね。

まだ梅雨入り前ですが、梅雨に入ったらこの暑さはひと段落するのでしょうか?

先日の土日、またその前の土日と、僕の住んでいる周辺の学校では運動会が行われていました。

TVでも熱中症について何度も注意喚起していましたね。

そこで今日は、体温をうまく調節してくれる、『熱中症の予防と対策』にオススメのツボをご紹介したいと思います。

 

ひとくちに『熱中症』と言っても、段階が4つあります。

【熱失神】

体温が上がると、皮膚血管が拡張します。すると、血圧が低下し、脳への血流も落ちていきます。

その結果、脈は速く打っているのに、とても弱いという異変が起こります。

 

【熱けいれん】

大量に汗をかいたとき、水ばかりを補給して、塩分が不足していくと、血液の塩分濃度が低下していきます。

その結果、足・腕・腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんが起こります。

 

【熱疲労】

塩分どころか、水分の補給さえ追いつかないと、身体が脱水状態になります。

これを熱疲労と呼び、危険な状態です。

 

【熱射病】

水分も塩分も不足し、体温の上昇が抑えられないと、中枢機能に異常が生じます。

意識障害や、ショック状態におちいる可能性がある非常に危険な状態です。

 

この4つに分類されます。

たとえ熱失神の状態だとしても、すぐに適切な処置を行う必要があります。

涼しい場所に移し、身体を冷やしながら、水分と塩分を補給させることが重要です。

ただし、あくまで応急処置ですので、病院での診察もおこなってください。

また、熱中症は炎天下特有のものではなく、湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性があります。温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、風がない、急に暑くなったなど、体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況にあるときは、どんな時、どんな場所でも注意が必要です。

 

ところで、むかしは『日射病』という言葉を聞きたことがある人もいると思います。

日射病も、熱中症のひとつです。

直射日光にさらされた上で、体内に熱がこもって発散されない状態になります。熱が体内にこもりつづけることで、めまい・動悸・吐き気・頭痛などが起こります。特に、汗が出ない・発汗停止が起きている状態はとても危険です。

 

他にも、『脱水症』というものもあります。

水と電解質(塩分が水に溶けると電解質になります)で構成される体液が汗で失われ、その補給ができていない場合に生じます。

汗をかくことでカリウムも失われています。カリウムは細胞内液に多く含まれており、失われると細胞内が脱水症状になります。

細胞内脱水は熱中症になってしまった際の回復に影響を与えます。

ナトリウムを排出する働きのあるカリウムですが、汗をかいた時は実は意識して摂りたい栄養素のひとつで、海草類や果物、豆類などに多く含まれています。

脱水症になると、血液の量が減り、血圧が低下するため、必要な栄養素が体に行き渡らなくなり、不要な老廃物を排泄する力も低下します。また、食欲不振などの原因にもなります。さらに、骨や筋肉から電解質が失われることで、脚がつったり、しびれが起こることもあります。脱水症が、熱中症のさまざまな症状を誘発します。

 

また、お子さんをお持ちの方は、ご自身以上にお子さんに注意してあげてください。

子どもは成人よりも熱中症になりやすいと言われていますが、その要因はいくつかあります。まずは、地面からの距離です。

外気温は通常、地面から150㎝程度の高さで測定します。成人の頭くらいの高さで32℃の時、地面から50㎝くらいの高さでは35℃くらいになっています。幼児であれば胸からお腹のあたりです。晴天時、地面の近くはより高温となり、アスファルトの表面では50℃くらいなることもあります。
また思春期以前の子どもは、汗腺や体温調節機能がまだ十分ではありません。気温が皮膚温より低い時は、皮膚血流量の増加や熱放散が行われることで、成人とほぼ同等の深部体温を維持できます。しかし、外気温が皮膚温より高くなると、熱を放散する機能が、熱を産生する機能よりも弱いため、熱獲得が促進されます。さらに発汗による熱放散が体温の変化に追い付かず、深部体温は成人よりもずっと高くなります。

さらに、子どもは夢中になると、自分で遊びを止めることができません。子どもの様子を十分に観察し、少しでも「おかしい」と思うことがあったら、すぐに遊びを止めさせて、涼しいところで休憩しましょう。

 

特に大切なのは『汗をかく習慣をつけること』です。

子どもは汗腺の発達が不十分ですが、普段から汗をかいている子どもは、急な温度の上昇でも汗をかいて熱を放散することに、身体が慣れています。

子どもは、大人よりも熱がこもりやすいという特徴があり、小さな子どもほど、アスファルトや地面からの熱を吸収しやすいので、十分に観察していることも必要ですが、普段から『汗をかく』ことや『喉が渇いたら水を飲む』ことに慣れておくと、熱中症や脱水予防に役立ちます。

 

水溝(すいこう)

鼻の下、溝の中心にあります。

体内にこもった熱が発散しやすくなります。

 

内関(ないかん)

手首の内側のシワから、ヒジに向かって指3本そろえたあたりです。

内関は応用の効く多機能なツボです。

ストレス解消、自律神経を整えていくことをはじめ、めまい・吐き気・食欲不振・動悸・のりもの酔いなど、まさに万能のツボです。

 

通里(つうり)

手の平側、小指側の手首の一番太いシワから肘に向かって親指1本分のところにあります。

精神安定のツボですから、熱中症気味で頭がボーっとしているときや、どうも判断力が鈍っているときなどにお勧めです。

 

陽谷(ようこく)

手の甲側、小指のラインと手首が交差するあたりのくぼみにあります。(ボコっと出ている骨の小指側の際あたり)

東洋医学では、熱中症は体に溜っている熱(暑邪)が大きな要因と考えるため、その主な対処法としては、その熱を体の外に出すことなります。

陽谷は体内の熱を外に放散するツボとされ、暑邪の熱を取る効果が期待できます。細い血管にも通じるので、暑さで動悸がするときなどにも有効です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事

11/29/2019

Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.