打ち身|お灸

こんにちは、トレーナーの伊藤道生です。

今日はいいお天気ですね。

私事ですが、昨日車に積んだ荷物を降ろしたりしているときに、ふくらはぎを車のドアに打ってしまいました。

油断しまくりだったので、メッチャ痛かったです。

 

打ち身(打撲)は、一番最初は患部の炎症症状を抑えるために「冷やす」ことが大切だと考えますが、腫れがある程度ひいたら(炎症症状が治まってきたら)、今度は患部を温めたほうが治りが早くなります。

その方法として、温タオルを患部にあてたり、ぬるま湯に浸かるなどありますが、『お灸を据える』というのも一つの方法です。

 

患部のまわり(青アザなどがある場合、周りを囲むように)にお灸を据えます。

患部の血流を良くすることで、腫れや痛みを発生している物質を早く除去することができるので、青アザなどできている人は、早くキレイにするには効果的だと思います。

 

最後に、打ち身(打撲)のときの応急処置として有名なものに『RICE』というものがありますので、それをご紹介しておきます。

組織の炎症や内出血を抑え、症状がひどくなったり、長引いたりしないようにするための処置です。

それぞれの処置方法の頭文字をとったもので、

R =Rest(安静)|怪我をした部位は動かさない

I  =Icing(冷却)|患部を冷やす

C =Compression(圧迫)|患部を適度に圧迫する

E =Elevation(挙上)|患部を心臓より高く挙げる

を示しています。

RICEは打撲だけでなく、出血や肉離れなどの受傷直後にも行えるので、是非覚えておきましょう。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

未然に防ごう、食中毒。

6/8/2017

1/4
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

パーソナルトレーニング - 加圧トレーニング - 出張トレーニング - 栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正 - ボディメンテナンス - 鍼灸

© 2017 Training Studio PAC All rights reserved.